バグキー,みずほを組み立てる

モールス信号練習用発信機

これをつくっている頃,モールス通信を愛好する人が集うA1 CLUBでバグキーキットの頒布を行うことを知りました.自分だけのバグキーを組み上げるという趣旨に惹かれ,A1 CLUBへの入会とバグキー提供の申し込み(会員限定)をしました. で,先日到着しまして,早速組み上げてみました.

6c768936f46d40010229964ceb069806

ベースの真鍮の表面は生地のままであり,好みでペーパー加工やピカールで研磨やスプレー塗装をしてくださいとのことでした.

53cb8ff5a949e07a605825e0f971a8ee

磨く前のベースです.今回は,800番と2000番の耐水ペーパーで3時間ほどゴシゴシ研磨しました.ピカピカにするまで磨こうかとも思いましたが,組み立てて動かしてみたい気持ちが勝りまして,ほどほどでやめて組み立ててしまいました.いずれもっとピカピカに磨くかもしれませんが,削り跡がちょっと浮かぶマットな雰囲気も気に入りつつあります. 自分で組み立ててみるとバグキーの動作原理がよくわかりました.短点がリズミカルに打ち出せるのは振り子を上手く利用していたんですねー はじめてバグキーを触りましたが,カチカチ動くのが楽しい.これははまりそうです. リズム感の悪い下手なキーイングですが,動画を撮ってみました.

これを復号してみると,一応読んでくれました.

1fd136a75ae0003e0b6382bd23243b9a

練習あるのみです.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA