Raspberry piの容量不足を解消する

ちょこちょこと遊んでいるRaspberry Piが容量不足になりました.

8GBのSDカードを使用していましたが,

$ df -h

とコマンドを打つと,/dev/rootが残り”0”で使用%が”100%”になっていました.

別の遊びをしたかったのですが,仕方ないので16GBのSDカードに移植します.

Raspberry Piにカードアダプター経由でSDカードを接続し

& dd if=/dev/mmcblk0 of=/dev/sdb bs=1M

とコマンドを打つだけです(of以下は環境によって適宜変更してください).

こんな感じで容量アップ完了です.

ついでにSDカードの規格がClass4からClass10になったことが影響したのか,少し起動が早くなったような気がします.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA