Nikkor 24mm f/2.8の修理

京都へ行くにあたり,レンズは24/2.8にしようと考えました.相方がズームレンズなので,思い切って単焦点1本でお散歩です.

で,持っていくにあたりケースから出してみると,内部からカラカラと軽い音がする.機能的に問題はなさそうですが,気持ち悪いのでレンズのマウントを外して見ると,ネジが一本外れておりました.

締め直して元に戻す.準備万端のはずでした.

試し撮りをしなかったのが誤り.渡月橋でシャッターを切ると,やけに露出の足りない写真になる.

あれこれいじってみると,絞りリングを回しても羽が動いていないことが判明.F22のまま動かない状態でした.

修理人たぐちの徒然日記/この様に分解できます(マクロニッコール55/2.8編)

このページをみると,組み上げのときにツメをはめ込んでいなかったことが原因と考えられました.

コンビニでドライバーを購入し,いじること15分弱…

 

もとに戻りました.

 

次回京都の予定です.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA