ディープ・ラーニングことはじめ

Let’snoteにUbuntuを導入したことですし,年末年始の空き時間を利用し温めておいたInterface 2017年8月号を引っ張り出してディープ・ラーニングとやらをやってみることにしました.

いろいろな分野で話題となっていますね,ディープ・ラーニング.スナック菓子をシャカシャカと振った音で中身がとんがりコーンなのかポテトチップスなのかetc…を見分けるプログラムとか,カメラで撮った画像がきのこの山なのかたけのこの山なのかを判別させるプログラムとかを試してみました.私の顔はたけのこの山と判定されました…

本特集では,ディープ・ラーニングの原理を理解することを目的としています.

こうした,単純な構造から

それを多層化したものまで

↑入力した単語から文章を作成するプログラムの例

久々にリフレッシュできました.細く長く勉強します.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA