CF-S9のポインティングデバイス用ドライバーを更新させないようにする

昨晩Let’snoteを起動したところ,見覚えのある警告画面が表示されました.

5bedbe82cb4e3f18da60e5dbc1532bcc

こいつです. CF-S9をWindows10にアップグレードした際に,ホイールパッドのドライバーが更新されて使えないよ!と通知してきた画面でした. 設定→更新とセキュリティ→Windows updateと進むと,やはりドライバー関係のプログラムが更新されていました.pointingdevice 前回と同じように対処しました. コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→デバイスマネージャーと進み,マウスとそのほかのポインティングデバイスの該当デバイスのプロパティを開きます.

81d176f46ff8833a791308300d9115d6

ドライバーを元に戻すを実行して再起動したところ,デバイスは正常に認識されるようになりました. 同様のことが起きないようにするには,さらに,ドライバーの更新プログラムを自動で適用されないようにする必要があります. Windows10では,Updateが自動で実行されるようになりました.メンテナンス面で多くのユーザーに利する変化なのだと思います.しかしながら,こうした事例が生じやすくなっているのではないかと推測します.以前のWindowsでは,更新するプログラムを容易に選択することができました.Windows10では,一見したところ以前のようにアップデートのするしないを個別のプラグラムごとに選択することがしにくくなっているようです. Google先生とMicrosoftのコミュニティを頼り,以下のページを見つけました.

Windows 10: 問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツールの紹介

このツールを使用し,該当プログラムを自動更新しないように設定しました. 折しもPanasonicストアからPCの25,000円引きクーポンが届いており,RZ5を購入しようか考えています.LTEが使えるRZ5をモバイル専用機として,CF-S9を母艦兼予備機とする算段です. クーポンの期限は1周間なので,もう少し考えます. んー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA