Rapberry piの起動時に無線LAN接続ができなくなった.

久々にRaspberry piにSSH接続してパッケージの更新などのメンテナンスを行いました.再起動して再度Tera termから接続しようと試みたところ,アクセスができなくなっていました.そのままでは何もできないので,仕方なくモニターに接続して原因を探ることにしました.

そういえば,アップデートしている最中に”ネットワークの設定を上書きしたよ”という内容の英文がコマンドラインにあったなーと思い出しつつ,まずはネットワーク関係のファイルを確認です.

# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)

# Please note that this file is written to be used with dhcpcd
# For static IP, consult /etc/dhcpcd.conf and 'man dhcpcd.conf'

# Include files from /etc/network/interfaces.d:
source-directory /etc/network/interfaces.d

auto lo
iface lo inet loopback

iface eth0 inet manual

iface wlan0 inet manual
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

iface wlan1 inet manual
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

/etc/network/interfacesの記述内容です.結果からすれば,この内容を見たときに詳しい人は原因に気づくのでしょうが,私はこのあと2時間ほど悩むことになりました.

上のファイルや/etc/dhcpcd.confの設定をいろいろいじってみたのですが,うんともすんとも言いませんでした,

次に確認したのは,Wi-Fiドングルが読み込まれているかどうか.

lsusbコマンドで読みだした限りでは,ドングルは認識されているようです.しかしながら,GUI環境を起動してネットワークの設定を確認してみると

no wireless interfaces found

と表示されます.

この時点で以下のサイトに辿り着きました.

Jessie – apt-get upgrade breaks wifi #1174

ここに記載されているように

sudo ifup wlan0

とすると,無線LAN接続ができるようになります.ということは,Raspberry piの起動時に自動的に無線LANがONにならないことが問題だったということのようです.

設定ファイルを元に戻した上で

wirelesslan

auto wlan0の一言を追加したところ,無線LANに自動接続されるようになりました.

めでだしめでたし.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA