Let’snote CF-S9にBluetooth4.0の環境を整える

無線マウスが壊れました。専用のドングルで2.4Ghz帯の電波を使用して動くものです。落とした拍子に右が永遠にクリックされている状態になりましたorz

有線のデバイスのほうがスペックで有利という見方もありますが、無線デバイスは取り回しが楽なので多用しています。シビアなレスポンスが求められる操作はそうそうしませんので。

以前CPUファンの交換をした愛用のLet’s noteは、発売された2010年当時としては珍しく、Bluetoothのモジュールを搭載しています。ただ、バージョンがVer.2.1 +EDR/Class 2であり、現在使用しているBluetooth3.0対応のヘッドセットはハンズフリーモジュールが上手く動いてくれません。(頑張れば動作するのかもしれません)

同じような無線式マウスを買って、USBポートが1つ占拠されるくらいならBluetoothのドングルをつけて、いろいろな機器をペアリングしたら良さそう!ということで、Bluetooth4.0の環境を導入することにいたしました。

IO-DATAのUSB-BT40LEです。Bluetooth4.0は後方互換性がありませんので、4.0のみ対応のドングルでは2.1や3.0の機器は使えなくなってしまう恐れがありますが、このドングルは2.1や3.0の機器とも接続できます。

72b43e7044707afb02fd91737059fe73

そして、ELECOMのM-BT11BB。いい色してます。

干渉する恐れのある内臓Bluetoothモジュールのソフトをアンインストールして、ドングルに付属していたDVDから諸々をインストールして、ヘッドセットのペアリング・・・OK、ハンズフリーモジュールも認識してます、そして待望のマウスのペアリング・・・NG?型番は読み込んでいますが、マウスとして認識しない・・・

マウスの説明書を読み直すと・・・Windows RT~RT8.1、8~8.1対応でした・・・つまり、Windows7では使えない・・・先日サポートが切れたXPに対応していないならまだしも、Windows7で使えない機器があるなんて・・・

当方の確認ミスなので仕方ないですが、なんか悔しいので、頑張ってつないでみました。

どうしてWindows8はOKでWindows7はNGなのか。 問題はプロファイルでした。
一口にBluetooth4.0といっても、その規格内にさまざまな通信プロトコル(=プロファイルと呼ぶ)があるようで、このマウスが使用しているプロファイルはWindows8では標準だけどもWindows7ではそうでないものを使っている。

ドングルの説明書にもそのプロファイルの名前がありませんでしたが、Windows8対応なので、ドライバかなんかをインストールしてやれば大丈夫だろうと思い、あれこれ探して、一度すべてをアンインストール→再起動→拾ってきたソフトをインストール、そしてペアリングしたら無事接続出来ました。よかった~

というわけで、Bluetooth4.0の環境が整い、只今も無線式のヘッドセットとマウスを使用しています。

Windows7に未対応のデバイスもあるんですね~。勉強になりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA