ばいばい

梅雨のだらだらと雨が降る感じも嫌いではないので、あっという間に去っていってしまったのは少し残念な今日この頃です。梅雨に入ったと思ったら、もう連日40℃近い酷暑の日々になりました。今は昔、チビどもがいなかった頃はエアコンをつけずに粘っていた夏もありましたが、もうそんなことはできません。多少の暑さに慣れさせた方が汗腺が発達するという都市伝説もありますが、顔を真っ赤にして汗ダラダラに過ごしているのが健全とも思えません。

さておき、毎朝保育園まで車で行くチビどもですが、梅雨に入ってからはカッパを来たり長靴を履いたりといつもと違った特別感をそれなりに気に入っていたようです。長靴を履いていれば、水たまりに突撃しても怒られないのが良かったのでしょうか。とりわけお気に入りだったのがチビ①が言うところの「ばいばい」です。

田植えの季節となりました

車に乗るなり「ばいばいしてー」とお願いしてきます。最初は何のことか分かりませんでしたが、どうやらワイパーのことだったようです。前が見えないからワイパー動かして、という意味で「ばいばい」を使っておりました。高速で動かしてやるととっても喜びます。なかなか面白い表現をするチビ①です。マヨネーズを相変わらず「マネニョーズ」と言う彼の今後の語録に期待です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA